アフリカビジネスニュース
2016年06月30日(木)
 アフリカビジネスニュース

三菱ふそう、アフリカ向け商用車販売促進とサービス向上を目指す

アフリカニュース 新着30件






























三菱ふそう、アフリカ向け商用車販売促進とサービス向上を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加





アフリカに商用車部門リージョナルセンターを2拠点新設
2016年2月12日、三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)が南アフリカとケニアにダイムラーの商用車部門のリージョナルセンターを新設したことを発表した。

三菱ふそうトラック・バス株式会社
DTAは、MFTBCとダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)とが協力して、事業展開をしている。アフリカに新たに設定される拠点では、ダイムラー製の商用車とともに、MFTBC製の商用車の販売促進と顧客サービスの充実を目指す。

アフリカを3地域に分け、各リージョナルセンターが管轄
南アフリカに設置される拠点はダイムラー・コマーシャル・ビークルズ南部アフリカ(DCV南部アフリカ)として、南部アフリカ地域を管轄する。

ケニアに設置される拠点はダイムラー・コマーシャル・ビークルズ・アフリカ(DCVアフリカ)とし、東・西・中央アフリカ地域を管轄する。北アフリカ地域は、中東地域とともに、ドバイを拠点としたリージョナルセンターが管轄している。

45年以上のアフリカでの販売実績、三菱ふそうブランド
MFTBCは、既に1970年代頃からアフリカ向けに商用車販売に参入し、ケニアでは1970年代後半から現地企業の協力を得て、ノックダウン生産をしている。

2013年から三菱ふそうの新型モデルの商用車を発売開始し、インドのチェンナイの最新設備を導入した工場で製造し、アフリカへ輸出している。

アフリカ地域では南アフリカ、ケニア、タンザニア、ウガンダ、ナイジェリアに出荷されており、今後、他のアフリカ諸国向けにも販路を拡大する予定だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

三菱ふそうトラック・バス株式会社 プレスリリース
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp//news

三菱ふそうトラック・バス株式会社
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/


Amazon.co.jp : 三菱ふそうトラック・バス株式会社 に関連する商品



  • 世界各国の料理を食べつくす!アフリカ日比谷フェスティバル開催(6月29日)
  • 中国JAソーラー、北アフリカ大規模太陽光発電所に11MWのモジュール供給(6月24日)
  • 神戸製鋼米子会社、アルジェリアに世界最大規模還元鉄プラントを新規受注(6月23日)
  • ケニア航空、今年7月よりヴィクトリアフォールズへのアクセス向上に貢献(6月23日)
  • 行方不明のエジプト航空機 ブラックボックス発見(6月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->