アフリカビジネスニュース
2016年08月26日(金)
 アフリカビジネスニュース

FIFA新会長の座はアフリカしだいか

アフリカニュース 新着30件






























FIFA新会長の座はアフリカしだいか

このエントリーをはてなブックマークに追加





汚職体質からの脱却へ
国際サッカー連盟は昨年5月の元幹部14名が、汚職で起訴された。国際サッカー連盟ゼップ・ブラッター会長とヨーロッパサッカー連盟のミシェル・プラティニ会長もまた、約2億5000万円の不正な譲渡など一連の汚職容疑によって8年間のサッカー活動の禁止が言い渡されている。

サッカー
アフリカはサルマン会長を支持
26日に開かれる、国際サッカー連盟の新会長を決める臨時総会で、選挙戦の行方を左右すると言われるアフリカ連盟が5日、アジア連盟のサルマン氏支持を決めたと報じられた。

今回の会長選挙は前会長が8年間の活動停止処分を受け、後任を選ぶ選挙だ。国際サッカー連盟の209協会が1票ずつを持ち、投票する。この表は無記名で、どこの協会が誰を支持しているかは明らかにされない。

すでに46票を持つアジア連盟がサルマン氏の支持を決めており、今回54票を持つアフリカ連盟が支持を決めたことで、サルマン氏は100票を固めたことになった。

サルマン氏以外にも立候補者がおり、南米の10協会などから支持を得た欧州連盟のインファンティノ事務局長と、サルマン氏との一騎打ちの様相になっている。

今回の会長選挙でクリーンな体制へと国際サッカー連盟はかわれるだろうか。


外部リンク

国際サッカー連盟
https://ja.wikipedia.org/wiki/FIFA
Amazon.co.jp : サッカー に関連する商品



  • 森永製菓、TICAD出展、ハイチュウ・キャラメルを紹介(8月25日)
  • 円山動物園、新施設「アフリカゾーン」全面OPEN!(8月25日)
  • ビクトリア湖周辺住民の生活向上に貢献、長崎大学(8月24日)
  • MODEC製石油生産施設、ガーナ沖で稼働開始(8月24日)
  • 南スーダン、JCCPが国内避難民に対する緊急支援を開始(8月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->