アフリカビジネスニュース
2016年12月08日(木)
 アフリカビジネスニュース

チュニジア・ゲディラ氏がオリーブの国際機関事務総長に就任

アフリカニュース 新着30件






























チュニジア・ゲディラ氏がオリーブの国際機関事務総長に就任

このエントリーをはてなブックマークに追加





チュニジア・ゲディラIOC事務総長、任期は3年
2016年1月27日、インターナショナル・オリーブ・カウンシル(International Olive Council、略称:IOC)は、新事務総長にチュニジア国籍であるアブデルラティフ・ゲディラ氏が就任したことを発表した。

オリーブ
ゲディラ氏はチュニジア出身で、チュニジアの農業大臣・官房長やIOCのチュニジア代表やチュニジアオリーブオイル評議会の会長などを歴任してきた。任期は、2016年1月1日から2019年12月31日までの3年間。

Believe in Olive Oilキャンペーン実施中
オリーブ業界唯一の国際機関として、オリーブの栽培・生産の開発と保護を目的とした政策策定を主な活動として、1950年に国際オリーブオイル協会(IOOC)として設立。その後、2006年に現在のIOCに改名された。本部の所在地は、スペイン・マドリード。

アフリカ地域からのIOC加盟国は、アルジェリア、エジプト、リビア、モロッコ、チュニジア。モロッコとチュニジアは、設立当初からの加盟国となっている。

IOCは日本の消費者向けに「Believe in Olive Oil」キャンペーンを実施しおり、オリーブオイルによる健康への効果、和食への活用などの活動を主導している。機関は、2016年12月末までの予定。

(画像はイメージです)


外部リンク

インターナショナル・オリーブ・カウンシルプレスリリース
http://believe-oliveoil.jp/pdf/

Believe in Olive Oil
http://believe-oliveoil.jp/

インターナショナル・オリーブ・カウンシル
http://www.internationaloliveoil.org/


Amazon.co.jp : オリーブ に関連する商品



  • ウガンダとザンビアにて、日本のインフラ技術を共有(12月7日)
  • エイズ感染を予防なるか、南アにて新ワクチンの臨床試験開始(12月6日)
  • コンゴ民主共和国で治安悪化の恐れ、外務省が注意喚起(12月4日)
  • アフリカ女子サッカー・ネイションズカップがキックオフ(12月1日)
  • ママ・アフリカ!南アの歌姫ミリアム・マケバ氏の生涯が映画に(11月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->